自分を信じて転職活動をしましょう

私は、転職してシステムエンジニアと副業でハード系のリサイクルショプでパソコン担当で働いています。

私は、工業高校を卒業し、大手の工場に就職しました。

その当時は、バブルの後期で1人に4つ選べるくらいの求人数でした。私はその当時、大手の会社に入れば良いとしか思っていませんでした。

卒業し、工場で働き始めたのですが、やりたい仕事とかそういう発送は無く、この仕事が私の仕事だと思い込んでいました。

5年が立ち、私は班長になったのですが、少しづつではありますが、今の仕事に疑問が生まれてきました。

私の本当にしたかった仕事、あっている仕事は今の仕事なのか?

そんな頃にたまたま見たニュースでIT業界が急成長して、技術者が足りないという事を知りました。私は、このニュースを見た時、心が動きました。

プログラマーになりたいという気持ちに変わっていきました。私がパソコンに出会ったのは、中学生の時です。

当時、パソコンゲームが流行ったのですが、30万位でとても買える物ではありませんでした。

私は、家庭用のテレビに繋ぐことができるMSXというパソコンに出会いました。私は、お年玉で購入しました。

ゲーム目的だったので、ゲームばかりしていました。

そのパソコンにはベーシックというプログラムが組み事が出来る機能が付いていました。

私は、プログラムに興味を持ち。遊びながら独学で勉強しました。

工業高校に進学し、ベーシックの授業があり、理解していたので、教え役として参加していました。

本当にプログラムが好きで、楽しい授業でした。

高校の卒業研究でもプログラムでソフトを作りました。とても楽しい研究でした。

私は、IT業界のニュースをきいた時に、この楽しかった事を思いだし、プログラマーに憧れました。

その当時、会社を辞めるという事に対して良いイメージが無くて、負け組みたいなイメージがありました。

私は、会社を辞めてプログラマーになる事に決めました。なぜだかわかりませんが、なんとなく自信がありました。

仕事をしない訳にはいかないので、派遣でラインの仕事をしながら、もう勉強しました。半年かかりましたが、資格を取得しました。

私は、派遣の仕事を辞め就職活動を始めました。ハローワークに行き、興味のある仕事にはどんどん面接しました。

何社か埋めましたが、なかなか採用されませんでした。面接でわかった事なのですが、中途採用で初心者はほとんど採用される事は無いという事です。

私は、後が無いのでひたすら面接しました。

ある会社で面接をしましたが、その会社は仕事の内容が思った事を違っていたので、帰ろうとした時

声を掛けられました。

その人はシステム会社を経営している会社の社長でした。

私は、次の日から遊びに行きました。

会社の雰囲気に酔いしれたり、参考書を読んだりしていました。

私は、この会社に入りたいという気持ちが大きくなり、社長に働きたい事を話しました。

社長も採用するつもりでいたらしくて、念願のシステム開発会社でプログラマーとして働く事になりました。

やっとスタートラインに立ちました。

私は、同じ年の人たちに追い付きたいと思いがむしゃらに仕事をしました。

プログラムが好きででしたので、苦痛ではありませんでした。2年後プログラマーから、システムエンジニアになり仕事をしています。

私は、パソコンのハードの知識を知りたかったので、副業で、ハード系リサイクルショップでパソコンの担当になりました。

私の強みは、時代流されず、自分のやりたい事が見つけられた事とパソコンやプログラムが大好きだった事だと思います。

後は、自分を信じて就職活動を諦めなかった事だと思います。

就職する上で強みを見つけることは必須です。ストレングスファインダーを無料で診断できるツールがあるので、それで強みを見つけるのもいいでしょう。

これからどうなって行くのかはわかりませんが、最後は自分を信じて人生を送っていきましょう。